安定した不動産経営の為に|需要が高まっているマンション経営を始めよう

需要が高まっているマンション経営を始めよう

安定した不動産経営の為に

男の人

一括借り上げの落とし穴

不動産のオーナーにとっては、家賃をきちんと払ってくれる入居者はとても魅力的です。しかし中には、滞納を繰り返したり、あるいは家賃を払わずに逃げてしまったりという入居者もいます。このようなリスクを防ぐのには、家賃保証会社と契約して、家賃をきちんと払える人を入居させるという方法があります。この家賃保証会社は、滞納の場合も家賃を立て替えてくれるのがメリットですが、一括借り上げの業者の場合は、数年間のスパンで契約内容の見直しが入ることもあります。その場合保証額が少なくなることもありますし、築3年ほどで3万から4万ほど減らされることもあります。滞納や空室のリスクがないのはいいのですが、その代わり保証を減らされては、不動産収入だけでは生活ができなくなってしまいます。

他社にも相談してみよう

このような事態を避けるには、不動産を所有した時点でまず、様々な家賃保証会社からの情報を集めるようにしましょう。家賃保証を最初からA社だけに決めるのではなく、B社、C社などの情報も集め、どの会社にするべきかを検討するようにします。一括借り上げ提案はリスクが大きい可能性があるので、その点にも気を付けるようにしましょう。また、もし契約をしてしまった場合も、納得が行かない場合は、他社に相談に行くという方法もあります。家賃保証会社はまだ歴史の浅い業界でもあり、様々な業者がありますので、その中から、本当に自分のやり方を理解してくれて、誠意のある業者を選ぶことも大切です。むしろ他社と契約していたオーナーに相談されることで、話に乗ってくれる家賃保証会社もあります。